アクセスアイコン
アクセス

春日部KT歯科

Web予約アイコン
Web予約
お電話でのご予約・お問合せ
Tel.048-737-1501
お口のお悩み

被せ物・詰め物が外れた<

Treatments


被せ物・詰め物が外れる原因

被せ物・詰め物が外れた

食事をしていたら、突然被せ物・詰め物が外れた経験はありませんか?

被せ物・詰め物が外れたことで当院に来院される患者さんは多くいらっしゃいます。被せ物・詰め物が外れる原因は、主に以下の3つが考えられます。

被せ物・詰め物が外れる原因01.

接着剤・素材の劣化

詰め物・被せ物は歯科用の接着剤を使って歯に固定します。この接着剤が時間の経過により劣化すると、詰め物・被せ物が外れることがあります。ほかにも、金属やレジンなどの詰め物・被せ物に使用している素材が劣化をして外れてしまうこともあります。

被せ物・詰め物が外れる原因02.

詰め物・被せ物との間の虫歯

詰め物・被せ物と歯の隙間から虫歯菌が入り込んで、虫歯ができるケースは多々あります。詰め物・被せ物の下に虫歯ができると、外れやすくなります。

被せ物・詰め物が外れる原因02.

歯ぎしり、食いしばり

人の噛む力は約40~60kgと、自分の体重と同じ負荷が歯にかかっています。食事を食べるなどの通常時には力をコントロールしていますが、就寝時などの無意識のうちには歯ぎしり・食いしばりで大きな負荷を歯にかけた状態になります。歯ぎしり・食いしばりが強すぎると被せ物・詰め物が削れたり、かけたりする原因となります。

被せ物・詰め物が外れた際の応急処置

被せ物・詰め物が外れた際の応急処置

被せ物・詰め物が外れた場合、出来るだけ早く歯医者さんを受診してください。被せ物・詰め物が外れた状態だと歯の内部が汚れに晒されやすくなるため、虫歯になりやすくなります。また、歯自体に強い負荷がかかってしまうと、歯が欠けたりすることもあります。すぐに来院できない場合は、以下の応急処置を行うようにしましょう。

被せ物・詰め物が外れた際の応急処置01.

外れた場所にはめておく

被せ物・詰め物が、外れた場所で歯と歯の隙間を埋めるような形状の場合、長期間外れた状態にしていると歯が動いてしまうこともあります。そのため、できるだけ外れた場所にはめておくようにしてください。

被せ物・詰め物が外れた際の応急処置02.

すぐに外れてしまう場合は保管しておく

すぐに外れてしまう場合は、捨てずに小さなビニールなどに入れて保管するようにしましょう。詰め直すことが可能な場合がありますので、来院する際にお持ちください。

被せ物・詰め物が外れた際の応急処置03.

外れた箇所に強い負荷や刺激を与えない

外れた箇所でものを食べる、熱い・冷たいもので刺激を与えるのは避けてください。神経が残った状態の歯だと、強い刺激が加わることで、歯髄炎を引き起こす可能性があります。

被せ物・詰め物が外れた際の応急処置04.

綺麗にブラッシングする

被せ物・詰め物が外れた状態だと、ものもはさまりやすいため、しっかりブラッシングして清潔な状態を維持するようにしましょう。

出来るだけ早く受診しましょう

詰め物・被せ物が外れてしまっても、痛みの症状が無い場合・虫歯の進行が少ない場合は、少ない通院回数で治療が終了します。反対に、痛みが生じている場合や虫歯が深く進行している場合は、神経の処置が必要になり、通院回数は多くなります。詰め物・被せ物が外れた際は、出来るだけ早めにご来院ください。

Next Page


親知らずが気になる

親知らずが気になる