アクセス

春日部KT歯科

Web予約アイコン
Web予約
お電話でのご予約・お問合せ
Tel.048-737-1501
お口のお悩み

予防をしたい

Treatments

3つの柱でお口の健康を守る

予防

治療だけでなく予防も行える「歯科通院」には終わりがありません。何か問題が生じてから歯科医院を訪れる方は多くいらっしゃいますが、患者さん自身が症状に気づくころには手遅れになっていることもあります。

そのため当院では歯を残すために3つの柱「虫歯」「歯周病」そして「予防」を意識して診療を行なっています。いくら虫歯や歯周病で良い治療を行なっていても、メインテナンスがされていなければ長く良い状態を維持するとこはできません。お家でもそうですが、しっかりメインテナンスしていれば美しい状態を保ち、長く良い状態を保つことができるのです。

歯の定期検診は未来への投資

歯のメインテナンスにかかる費用は決して高額ではありません。生涯かかる医療費のことを考えると、とてもお得に健康を守ることができるのです。

”定期的に歯科医院を受診している人は、全ての病気にかかる年間の総医療費が低くなる傾向があることが、トヨタ関連部品健康保険組合(愛知県豊田市) と豊田加茂歯科医師会の共同調査で分かった。同組合の組合員5万2,600人の2009年度の医療費と受診歴のデータを分析。歯科医院で年に2回以上、定期的に歯石除去などをしている602人を抽出し、総医療費を調べた。その結果、定期受診の人は48歳までは総医療費が平均より高かったが、49歳を過ぎると平均を下回る分布傾向となった。65歳になると年平均が35万円に対し、定期受診の人は20万円以下とその差は広がっていく。(参照:中日新聞 2011年3月28日)”

上記は「トヨタ関連兼保組合」の調査報告です。健康な状態を維持するために受けるお口の定期検診は、高齢になるほど総医療費を低くしてくれるのです。

当院の定期検診で行うこと

  • カウンセリングでライフスタイルに変化はなかったか確認
  • お口のクリーニング
  • 虫歯、歯周病の検査
  • ブラッシング指導
  • 次回来院時に再評価

当院は3ヶ月に1回の定期検診をお勧めしています。歯磨きだけでは落としきれない歯の汚れやバイオフィルムを「エアフロー」を用いて除去します。どんなにセルフケアの上手な方でも完全に汚れを除去するのは困難です。エアフローを用いることで手磨きでは落としきれない汚れを除去することができます。

たまに検診時に「歯を磨いてこなかったから汚れているよ」と気にかけてくださる方もいらっしゃいます。ですが、歯科医師や歯科衛生士が見ているのは先ほどついた食事での「食べカス」ではなく、「プラーク」汚れです。歯石として固くなる前の「プラーク」汚れはたった2日放置しただけでご自身で取り除くのが難しくなります。そういった汚れを見逃さず、患者さんがどの部分に磨き残しをしやすいのかを確認しながら、セルフケア指導へとつなげていきます。

定期検診でコミュニケーションを大切にしている理由

カウンセリングの時間を取り、患者さんとの対話の時間を大切にしています。お口の健康は患者さんのライフスタイルの変化・ストレス状態などと深く関わりがあります。そのため、患者さんがどのような生活をされているのか、1日のうちにしっかり歯磨きができる時間を確保することができるか等を詳しくお話をお伺いします。

歯磨きの介助が必要なご高齢者の方から、小さなお子さんのいる親御さんまで、ライフステージにより指導内容は全く異なります。

そのため、当院ではまず私生活において変化はなかったか、患者さんとのコミュニーケーションを大切に診療を進めいてきます。

当院は約8割の方が定期検診目的です

当院は患者さんの歯の健康を守るために、定期的な検診をお勧めしています。どうして検診が必要なのか、このままだと将来どのようなお口の状態になるのか等詳しくご説明させていただきます。

お口の健康は患者さんのQOLと深く関わります。歯に痛みや違和感がある状態だと、食事の時間もご家族とのコミュニケーションの時間も楽しくありません。歯の治療をして終わるのではなく、一家団らん楽しく友人やご家族と「喫食」を楽しんでいただけるようなお口の状態を目指します。

当院に来院される方の8割は定期検診が目的です。「痛みなどの症状がないと病院には来ては行けない」と思われてた方もいらっしゃると思います。ですが歯医者さんは違います。ご自身のお口の健康のためにも、私生活を楽しむためにも是非当院に足を運んでみてください。当院の予防歯科で、病気になる前に健康な状態を維持していきましょう!