アクセス

春日部KT歯科

Web予約アイコン
Web予約
お電話でのご予約・お問合せ
Tel.048-737-1501
お口のお悩み

子供の歯が気になる

Treatments

子供の歯が気になる

「乳歯が抜けてから、おとなの歯がなかなか生えて来ない」
「虫歯になっていないか気になる」
「子供の歯並びが気になる」などお子さんのお口に関する悩みはたくさんあります。
親御さんだけで悩まずに、是非歯の専門家である当院をお頼りください!

春日部KT歯科の小児歯科

お子さんの治療を行う上で、「歯医者さんが楽しい場所であること」「歯医者さんにくればお口の中が綺麗になり気持ちよくなること」を知っていただくことが大切だと考えています。そのために当院では親御さんだけでなく、お子さんともコミュニケーションを取りながら治療・予防を行います。

大人の方もそうですが、初めての経験・初めての場所は恐怖に感じるものです。そのような思いをお子さんが抱え込まないように、しっかりお話ししてから治療を進めていきます。決して嫌がっている子を押さえつけながら治療することはありません。

当院の院長も2人の息子を持つ父親です。同じ親として、歯の専門家として、お子さんとしっかり関わっていきたいと考えています。

子供の虫歯が気になる

  • おやつやジュースをよく摂る
  • 間食の時間が決まっていない
  • 仕上げ磨きがされていない
  • 歯磨きの習慣ができていない
  • 親子間で虫歯菌を移している

当院では虫歯の治療だけでなく、お子さんが「虫歯にならない」ための指導も行なっています。虫歯や歯周病を予防するためには、お子さんの身近な大人の方のご協力が必要です。

「間食のとり方」「仕上げ磨きの仕方」などお子さんだけでなく、親御さんに対しても指導致します。小さな頃に虫歯リスクを軽減できれば、将来大人になった際の虫歯リスクも軽減できます。お子さんが虫歯や歯周病に困ることなく、健康なお口を維持できるように、当院でお手伝いさせてください。

子供の歯並びが気になる

遺伝で歯並びが悪くなってしまうこともありますが、歯並びが悪くなる多くの原因は指しゃぶりや爪噛み、口呼吸などの悪習癖です。早期段階から歯の専門家が介入することで、大人になってから歯並びが崩れることも無くなります。

子供の歯並びを治す矯正治療は、大人の方が行う矯正治療とは少し違います。お子さんの成長発育の力をかりて歯並びを整えて行くので、抜歯のリスクも少なく、綺麗に歯並びを整えることができます。

永久歯がなかなか生えてこない

「乳歯がぬけてから時間がたつが、なかなか永久歯が生えてこない」
「乳歯から生え変わらない」
とお悩みの方はいらっしゃいませんか?乳歯の生え変わりは6歳から12歳前後と個人差があります。14歳頃には全ての永久歯が生え揃うようになりますので、周りの子と比べて生え変わりが遅くても慌てる必要はありません。

乳歯の本数

乳歯の本数
乳歯は全て生えると上下あわせて20本になります。永久歯は親知らずを除く28本が生えてきます。奥歯が2本乳歯よりも多くなることになります。

乳歯の生え変わりの順番

  • 01.
    下の前歯
  • 02.
    6歳の頃に6歳臼歯
  • 03.
    7歳の頃には上の前歯
  • 04.
    8~9歳頃には全ての歯が順番に生え変わり、11歳頃には奥歯に到達

全て完了するころには、12~14歳になります。乳歯が抜け始めて永久歯が生え揃うまでの期間は約6~7年程度かかります。

永久歯が生えてくるには約3ヶ月かかる

乳歯が抜けて新たな永久歯が生えることには約3ヶ月かかります。ですが生え変わりのスピードは個人差が大きいため、長い方だと約1年かかった方もいます。あまりに生え変わりがない場合には歯科医院でご相談ください。レントゲン写真を撮影することで、骨に埋まった状態の永久歯を確認することができます。

生え変わったばかりの永久歯は特に虫歯に注意!

生え変わったばかりの永久歯はまだ表面が柔らかく、汚れもつきやすいです。また歯茎に半分埋まった状態のため、歯磨きをしっかり行わなくては歯肉炎などにもなりやすいです。

当院では虫歯予防のための処置も積極的に行なっています。お子さんの定期検診と共に、ブラッシング指導、虫歯予防処置を合わせてご利用ください。

シーラント処置

シーラント処置

永久歯が生えたら、歯の溝部分を埋める処理をします。シーラント処置をすることで、汚れが歯の溝にたまりにくくなり、虫歯になるリスクを軽減できます。

フッ素塗布

フッ素塗布

生えてきたばかりの柔らかい永久歯にフッ素を塗布します。歯科医院では市販されている歯磨き剤に使用されているフッ素よりも高濃度の9000~12300ppmを用いていきます。お子さんの好きなフレーバーのフッ素を用いて、歯に塗布していきます。フッ素を塗ることで、歯を強固にします。

外遊びなどで歯を強く打ち付け「外傷」を負った歯の場合、別の処置が必要になる可能性があります。

お子さんの歯で気になっていることがありましたら、お気軽にご相談ください。