アクセス

春日部KT歯科

Web予約アイコン
Web予約
お電話でのご予約・お問合せ
Tel.048-737-1501
お口のお悩み

親知らずが気になる

Treatments

親知らずが気になる

親知らずとは永久歯が生え揃ってから出てくる奥歯の歯のことを言います。「親知らず」は「智歯」とも呼ばれ、人によっては全く生えてこない方や綺麗に全ての親知らずが生えてくる方もいます。

親知らずが悪さをしてしまうのは顎が小さくなり、生えてくるスペースがなくなるのが原因です。綺麗に生えてくる場合は問題ありませんが、横たわって生えてきたり、完全に歯茎に埋まった状態で生えてきたりすると場合によっては抜歯が必要になります。

通常でも奥歯の清掃は歯ブラシも届きにくい場所のため、虫歯や歯周病になるリスクが上がります。まっすぐ生えていない状態や歯茎に半分埋まった状態だとより清掃の難易度が上がり、大抵は清掃不良による虫歯や歯肉炎で親知らずの部分に痛みが生じます。

親知らずを抜歯する理由

全ての親知らずを抜かなくてはならないわけではありません。綺麗に生え揃った場合や完全に埋まった状態で悪さをしていなければ、そのままの状態で過ごされる方もいらっしゃいます。親知らずの抜歯が必要になる場合は以下のような状態です。

  • 上下で噛み合っていない歯
  • 斜めに生えてきて汚れがたまりやすい
  • 歯肉炎などで痛みが生じている
  • 矯正治療をお考えの方

「上の親知らずは綺麗に生えたが、下は生えていない」このような場合も抜歯することがおすすめです。歯の長さは噛み合うことで均衡を保っています。歯が噛み合っていないと上の歯は下に落ちてくるため、頬の内側をよく噛んでしまう、矯正治療をお考えの場合は歯並びを整えた後に後戻りを起こしてしまうなどの弊害が出てきます。

また斜めに生えた状態だと清掃状態が悪くなり、親知らずでない奥歯まで虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。そのため痛みが出ていない場合でも、お口の健康状態を維持する予防目的で親知らず抜歯をお勧めすることもあります。

親知らず抜歯の流れ

  • 01.
    まずはお口の中を視診
  • 02.
    つぎにレントゲン写真で確認を取り、どのような位置・方向で埋まっているのかを診査診断
  • 03.
    抜歯部分に局所麻酔をかける
  • 04.
    鉗子などの器具を使用して歯を抜く
  • 05.
    抜歯した部分を綺麗にして止血を行う
  • 06.
    ガーゼを噛んで圧迫止血する
  • 07.
    止血確認できたら終了

親知らずの抜歯は口腔外科の範囲ではありますが、虫歯治療に使用している局所麻酔を用いて処置を行います。親知らずの生え方にもよりますが、早いと1分、難抜歯だと1時間程度かかります。出血が止まったのを確認したら、抜歯は終了です。

抜歯から1週間経過したら傷口を見て、縫合をしている場合は一緒に抜糸を行います。

親知らず抜歯後の注意点

抜歯は即日に終わりますが、口腔外科処置です。出血があるので当日は湯船につかって入浴・飲酒・激しい運動などの血行のよくなる行為は避けるようにしましょう。

また気をつけていただきたいのが「うがい」です。抜歯後は穴の空いた部分に血餅という血の塊ができます。強くお口をゆすぎすぎで血餅が外れてしまうと、抜歯部分が「ドライソケット」になり痛みが生じてしまいます。術後はお口を強くゆすがないように気をつけてください。

抜歯で顔が腫れる?

親知らずの抜歯後、必ず顔が腫れる訳ではありません。完全に歯が歯茎に埋まった状態の場合や顎骨を少し削る処置が必要になった場合、顔が腫れることがあります。また上の歯の抜歯よりも下の歯の抜歯の方が腫れやすい傾向があります。

親知らずの腫れは2〜3日がピークで、その後徐々に落ち着いてきます。その間は歯科医院で処方されたお薬を服用するようにしましょう。

親知らずが気になっている方は当院にお越しください

親知らずも痛みが出てからだとすぐに対処することができません。虫歯になった状態だと歯が割れやすくなるため、抜歯に時間がかかることも。親知らずが気になっている方は、まずはお気軽にご相談ください。抜歯などの口腔外科処置に慣れた院長がしっかり対応致します。