アクセス

春日部KT歯科

Web予約アイコン
Web予約
お電話でのご予約・お問合せ
Tel.048-737-1501
お口のお悩み

被せ物・詰め物が外れた<

Treatments

被せ物・詰め物が外れる原因

被せ物・詰め物が外れた

食事をしていたら、突然被せ物・詰め物が外れた経験はありませんか?

「被せ物・詰め物が外れた」ことで当院に来院される患者さんは多くいらっしゃいます。被せ物・詰め物が外れる原因は3つ考えられます。

  • 金属、セメントの劣化
  • 詰め物、被せ物との間が虫歯になっている
  • 歯ぎしり、食いしばりによる負担

外れた箇所を確認し、虫歯になっていないか、そのまま取り付けることができるかを確認し、そのまま戻せる状態であれば、古いセメントを取り除き、洗浄した後に詰め物・被せ物を元の場所に戻します。ですが長年メンテナンスを怠り、放置されてた方の場合、詰め物・被せ物との間が虫歯になっていることの方が多いです。

被せ物・詰め物が外れた場合の応急処置

被せ物・詰め物が外れた場合、出来るだけ早く歯医者さんを受診してください。被せ物・詰め物が外れた状態だと歯の内部が汚れに晒されやすくなるため、虫歯になりやすくなります。また、歯自体に強い負荷がかかってしまうと、歯が割れるなどの2次被害がでることも考えられます。

すぐに来院できない場合は、以下の応急処置を行うようにしましょう。

  • 外れた場所にはめておく
  • 詰め物がすぐに外れてしまう場合は、保管しておく
  • 外れた箇所に強い負荷や刺激を与えない
  • 綺麗にブラッシングする

被せ物・詰め物が外れた状態だと、ものもはさまりやすいため、しっかりブラッシングして清潔な状態を維持するようにしましょう。また外れた箇所でものを食べる、熱い・冷たいもので刺激を与えるのは避けてください。

神経が残った状態の歯だと、強い刺激が加わることで、歯髄炎を引き起こす可能性があります。また神経を取り除いた歯だと、枯れ木のような状態のため、強い負荷が加わった衝撃で歯が割れてしまう可能性も考えられます。

被せ物・詰め物が外れた場所で歯と歯の隙間を埋めるような形状だと、長期間外れた状態にしていると歯が動いてしまうこともあります。そのため、簡単に外れない形状の場合は、金属をお口の中に戻した状態で、すぐに外れてしまう形状の場合は、小さなビニールなどに入れて保管するようにしましょう。

被せ物・詰め物が外れた場合の治療

詰め物・被せ物が外れてしまっても、痛みの症状が無い場合・虫歯の進行が少ない場合は、少ない通院回数で治療が終了します。反対に、痛みが生じている場合・虫歯が深く進行している場合は、神経の処置が必要になり、通院回数は多くなります。

神経の治療が必要ない場合

  • 01.
    レントゲン写真を撮り虫歯になっていないか確認する。
    虫歯がなければ、セメントを使い、外れた金属を元に戻す。
  • 02.
    虫歯になっていれば局所麻酔をかけて、虫歯を取り除く。
  • 03.
    歯型をとり、技工所で新たな詰め物・被せ物を製作する。
  • 04.
    出来上がった詰め物・被せ物をつける。

通院回数:2~3回

神経の治療が必要な場合

  • 01.
    レントゲン写真を撮影して歯の根の状態を確認する
  • 02.
    局所麻酔をかける
  • 03.
    虫歯を取り除き、歯の神経を専用の器具を用いて取り除く
  • 04.
    神経を処置するお薬を詰めて仮蓋をする
  • 05.
    1週間後、歯の根管内を専用の機材とお薬を使って洗浄する
  • 06.
    根管内を綺麗にしたら、ゴム系の材料で歯の根を封鎖する
  • 07.
    削った歯の土台をたてる
  • 08.
    被せ物の歯型をとり、技工所に送る
  • 09.
    出来上がった被せ物を歯につける

神経の治療は前歯で3~4回、奥歯であれば5~6回の通院が必要です。治療期間は1ヶ月~3ヶ月程度かかるため、患者さんの負担も大きくなります。

出来るだけ早く受診しましょう

歯は何度も治療を繰り返すことができません。また神経を除去した歯は枯れ木のように弱くなり、強い負荷がかかると割れてしまう可能性もあります。神経を除去する前に、詰め物・被せ物が外れた際は、出来るだけ早く歯医者さんを受診しましょう。