アクセス

春日部KT歯科

Web予約アイコン
Web予約
お電話でのご予約・お問合せ
Tel.048-737-1501
お口のお悩み

入れ歯が合わない

Treatments

喫食を楽しめるお口に導きます

入れ歯

「入れ歯ががたつく」「うまく噛めない」「入れ歯が痛い」などでお悩みの方はいらっしゃいませんか。

歯を失った際にインプラント治療であれば外科処置が必要ですが、入れ歯・義歯は外科処置の必要なく失った歯の機能を取り戻すことができます。保険診療で製作できるため手軽な治療法に思われるかもしれませんが、入れ歯はいわば人工臓器です。

義足や義肢を使うのにリハビリや訓練が必要なのと同様に、入れ歯治療にもリハビリの期間が必要です。

当院では新しい入れ歯が患者さんのお口に馴染むように、入れ歯が出来上がってからも丁寧に調整を重ね、しっかりサポート致します。また当院では患者さんお1人ひとりのご要望に添えるように、保険診療内の入れ歯だけでなく、自費診療対応の多種多様な入れ歯もご用意しています。

入れ歯の種類

レジンプラスチック床

レジンプラスチック床

入れ歯の土台となる義歯床が全てプラスチックでできています。歯茎の色に近いピンク色の土台をつくることができますが、強度を持たせるため、ある程度の厚みを要します。保険適応の一般的な入れ歯です。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは金属を使用することなく、樹脂製の弾力のある素材を使用した入れ歯です。金属のバネがないため、見た目もよいです。また金属を使用しないので、金属アレルギーなどの心配のある方でも使用することができます。

ノンクラスプデンチャーのデメリット・リスク
  • 自費診療のため費用がかかる(¥150,000(税抜))
  • 破損した場合の修理が難しい
金属床

金属床入れ歯

金属を土台に使用することで、通常よりも強度も強く、よくかむことができます。食事の熱も伝わりやすいため、入れ歯の違和感を少なく食事を楽しむことができます。

金属床入れ歯のデメリット・リスク
  • 自費診療のため費用がかかる
    ※ コバルトクロム金属床:¥250,000(税抜)
    ※ チタン床:¥400,000(税抜)
  • 破損した場合の修理が難しい
  • 金属アレルギーの方は使用する材質を選ぶ必要がある
  • 金属を使用しているため重みがある

リハビリ用入れ歯

入れ歯は製作してもすぐには使いこなせるようにはなりません。特に、長い間歯がない状態を放置されている方、かみ合わせが崩れている方は、まずは正常なかみ合わせに戻す処置が必要です。そのために当院ではリハビリ用の入れ歯をご用意して、正しい噛み合わせにすることから治療を始めます。

本入れ歯を使用する前にリハビリ用の入れ歯を使ってかみ合わせを整えていくことで、適した入れ歯を製作、使用することができます。

リハビリ用入れ歯のデメリット・リスク
  • 自費診療のため費用がかかる(¥5,000~8,000(税抜))
  • リハビリ用入れ歯は一時的に使用するもののため、その後本入れ歯を製作する必要がある

入れ歯治療後も定期的な検診が必要です。患者さん自身の健康状態の変化・食生活の変化でも、お口の環境は変化します。また、長年入れ歯を使い続けると顎の骨も薄くなり、入れ歯の適合が悪くなります。常日頃健康なうちからお口の検診を受けることで、しっかり患者さんの健康をお口の中からサポートすることができるのです。

入れ歯が合わなくなった、入れ歯の調整を行なって欲しいなどご要望がありましたらお気軽にご相談ください。