アクセス

春日部KT歯科

Web予約アイコン
Web予約
お電話でのご予約・お問合せ
Tel.048-737-1501
お口のお悩み

口臭がする

Treatments

歯科医院で治療できる口臭の種類

口臭

口臭には大まかに「生理的口臭」「飲食物による口臭」「病的な口臭」心理的口臭」の4つに分けることができます。「飲食物による口臭」はニンニクやネギなど食べた際に感じる一時的なものです。「心理的口臭」は、本当は口臭がないにも関わらず、自分自身で口臭があると思い込んでしまう方に起こるものです。

この中で歯科医院で治療・介入できる口臭は「生理的な口臭」と「病的な口臭」の2つになります。

生理的な口臭

起床直後や空腹時、緊張時等唾液の分泌量が低下している際に起こる口臭です。常に口臭があるのではなく、1日を通して口臭を感じる時と感じない時があります。

水分を積極的に摂取する、歯磨きをする等、生活習慣の改善でよくなる傾向があります。

病的な口臭

鼻や喉、呼吸器系、胃などの消化器系の病気、糖尿病などの病気が原因で口臭が起きる場合があります。身体的な病が原因で起こる病的な口臭を改善する場合には、別途病院の受診が必要です。歯科領域で介入して治療ができるものは、虫歯・歯周病になります。どちらの病気も重症度が進むに従って強い口臭が起こります。

口臭の原因を取り除く治療

お口の清掃不良が原因の場合

プラーク等清掃不良が原因で口臭が起きている場合、においの原因となるプラークや歯石を取り除き、患者さん自身で綺麗にブラッシングできるように歯科衛生士が指導します。

口臭の原因は舌苔に付着した汚れ・細菌の固まりが原因です。歯のブラッシング指導だけでなく、舌ケアの仕方も指導し、綺麗にすることで、口臭を軽減します。

3ヶ月に1回の定期検診では、患者さんのお口の清掃状態の確認、磨き残しの起こりやすい部分の指導を行ない、エアフローを用いて手磨きでは取り除けないバイオフィルムを除去します。

虫歯が原因の場合

小さな虫歯の場合、強い口臭はありません。虫歯が進行してくると、徐々に強い口臭として感じやすくなります。神経にまで及ぶ重度の虫歯になってくると、より強い口臭として感じやすくなります。まずは口臭の原因となる虫歯を取り除くことが必要です。

神経にまで及ぶ虫歯の場合
  • 01.虫歯の治療

    局所麻酔をして虫歯を全て取り除きます

  • 02.歯根の清掃

    歯の神経も一緒に除去し、歯根の清掃を行います
    (神経の治療は約4~5回の通院が必要です)

  • 03.土台を立てる

    神経の治療が済んだら歯の根に土台を立てます。
    土台を立てる処置が済んだら、歯を形成し型取りを行います

  • 04.被せ物の製作

    型取りしたものを技工所に送り、被せ物を製作します

  • 05.被せ物を合着

    1~2週間後、被せ物ができたら歯に合着して治療終了です

ほとんど歯が残っていなかった(残根状態)場合
  • 01.抜歯

    局所麻酔をして歯を抜歯します

  • 02.止血

    抜歯した穴を清掃し、止血処置を行います

  • 03.終了

    止血確認したら抜歯終了です

神経まで及ぶ虫歯の場合、治療回数も延びるため、患者さんにかかる負担も大きくなります。ほとんど歯が残っていない、残根状態の場合抜歯後も治療をする必要があります。そうなる前に、未然にお口の異常に目を向け、治療を行うことが重要です。

歯周病が原因の場合

まずはお口の清掃状態・お口全体の診査診断を行います。プラークや歯石が付着する原因は不適切なブラッシングが原因です。

「歯石だけを除去してほしい」という主訴で来院される方もいらっしゃいますが、当院では初診で歯石除去だけの処置を行うことはありません。いきなり歯石を取ることで、歯茎が悪化してしまう場合があるからです。

まずは歯周病の病気についてよく知っていただき、ブラッシング指導で清掃状態が改善してから歯周病の治療にうつります。

歯周病は痛みなどの症状もなく進行する病気です。病気が重度になってくると歯が動揺し、歯茎から出血、膿が混じって出てくることがあります。歯周病は独特の口臭があり、人と会話をする距離でも口臭を感じてしまいます。

まずは歯周病検査を行い、どの程度歯周病が進行しているのかを診査診断します。

口臭がする原因も人により様々です。なかには治療が必要でない心理的口臭の場合もあります。「お口のにおい」に関するお悩みは繊細な悩みです。だからこそ、まずは当院にご相談ください。お口の専門家がしっかりお悩みをお聞きします。